代謝酵素とは?

酵素には大きく分けて3つの種類があります。
1つ目は「消化酵素」2つ目は「代謝酵素」そして3つ目が「食物酵素」です。

 

今回は、ダイエットに大きく関わる「代謝酵素」についてお話ししたいと思います。

 

人間の体内酵素は2種類

酵素

 

まず、代謝酵素を説明するのに欠かせない消化酵素という酵素の働きから。
消化酵素とは、名前の通り食物を体が吸収しやすいように消化させるためのもの。
ご飯などのでんぷん質を分解するのはアミラーゼ、タンパク質はプロテアーゼなどの酵素が働いています。消化酵素の働きにより、分解された栄養素が小腸で吸収されることでエネルギーとなるんです。

 

 

消化酵素が食物をエネルギーに変えた後、それをからだの中で働かせるのが代謝酵素の役目。
運動や呼吸、ウイルスと戦ったり新陳代謝をしたりするのも代謝酵素の役目です。

 

食べ過ぎなどにより消化酵素を使いすぎると、代わりに代謝酵素が不足してしまいます。
逆に言えば、病気などで代謝酵素がたくさん消費される時には消化酵素にまわる体内酵素は少なくなってしまう、ということです。これが病気の時に食欲が落ちる理由、とされています。

 

 

代謝酵素のサポートをする食物酵素

健康

 

健康やダイエットの為には、消化酵素を少なくして代謝酵素の量を増やすことが大切になります。
その為には、外から酵素を摂り入れる食物酵素が必要になります。

 

 

新鮮な生野菜やフルーツ、納豆や味噌などの発酵食品にたくさん含まれる食物酵素は消化を助けて、消化酵素の無駄遣いを止めてくれます。
それにより代謝酵素が増え、ダイエットにも繋がるし健康にも良い結果を生みます。

 

ダイエットに大切な代謝酵素。代謝酵素を増やす為には、消化酵素を減らし、食物酵素をたくさん摂り入れるとこが大切です。

 

 

代謝酵素の量を増やして、健康と痩せやすい体、どちらも手に入れちゃいましょう!

 

⇒⇒ こうじ酵素の口コミ調査!購入前に必読です

 


生酵素とは? 酵素でダイエット